<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

夕焼けを撮りに行ってきました

もう随分と長いこと写真を撮っているのですが、
考えてみたら、「夕焼け」「夕陽」の写真は殆ど撮ったことがない。
他の人の写真を見るのは好きなのですが、
自分では写す気にならない、というか夕暮れ時の寂しい感じが、
どうも苦手なのです…ハイ。
陽が落ちてしまって、夜になるとほっとする…(?_?)

それがブログを始めて、他の方々の夕焼けの写真を見ているうちに、
自分でも撮ってみたくなりました。
a0105271_21294457.jpg

ただ、やっぱりあまり思ったようには撮れなかったようです。(T_T)
もっと、ドラマチックな仕上がりを期待していたのですが…。

a0105271_21352327.jpg

改めて、他の人達の凄さが分かりました。m(_ _)m
by sunao_3108 | 2007-09-30 21:39 | 秋の風 | Trackback | Comments(2)

これがホントに最後の最後m(_ _)m

いい加減にしろ!とのお怒りはごもっとも、
『ひろさん』が、「どんどんアップしろ」などとおっしゃるもんで、
お言葉に甘えつい調子に乗って、こんな事に…ハイ!
風景の一部としてご覧頂くと、少しはお怒りも和らぐかと…m(_ _)m

だいたいこの周辺で、写した写真ばかりです
a0105271_2245363.jpg


a0105271_2291837.jpg


a0105271_2294967.jpg


a0105271_22104553.jpg


a0105271_22112277.jpg

同じ場所をぐるぐる回りながら撮っているので、似たような写真が多くなって申し訳ないです。
by sunao_3108 | 2007-09-27 22:22 | 秋の風 | Trackback | Comments(2)

彼岸花周辺の風景

いくらなんでも、もういい加減「彼岸花」は止めとかないと
石が飛んできそうです。

彼岸花の周りにたくさん咲いていました(名前は・・・まだ分かりません)m(_ _)m
a0105271_21495695.jpg

《追記》名前が判明しました。『カタバミ』だそうです。 『カタバミ』にも色々と種類はあるみたいですが、とりあえずは『カタバミ』ということで、ご勘弁を…m(_ _)m

同じ花ですが、一輪だけ竹と一緒に入れてみました。
a0105271_21513240.jpg


少し彼岸花が見えてますが、これはまぁ・・しょうがないでしょう!
a0105271_21521035.jpg

この向こうに畑があるんですよ、畑へと続く小径です

竹の隙間から見る稲穂が、輝いていました (^o^)
a0105271_21523930.jpg

by sunao_3108 | 2007-09-24 20:45 | 秋の風 | Trackback | Comments(6)

お彼岸には 彼岸花 パート3

同じ花ばかり続けるのは見る側にとってはどうなのかな?と自分でも思うのですが、
それ程若くないおっちゃんがこの暑い最中、えっさこらチャリを漕いで
撮り集めてきた写真ですから、そこら辺の事情をお汲み取り頂いて
何卒ご寛大なるお気持ちをもってご覧くださいませ。m(_ _)m

自宅からチャリで40~50分位行った所です、彼岸花を撮る時はよくここにお邪魔します。
a0105271_1634449.jpg

今までに2~3回来ましたが、同じ様に咲いていたことはありません。
毎年、どこかしら少し違ってます。
彼岸花に限らず、どんな花も風景もそうですね、毎年同じ時期、同じ場所に行っても
同じ写真は撮れません。

ハゼの木に絡まった植物のシルエットが面白かったので一緒に画面に入れてみました
a0105271_1646129.jpg


アップを1枚、色合いがなかなか難しいです
a0105271_17331685.jpg


用水路傍に咲いていた花を竹の間から
a0105271_17334247.jpg


草叢の中に咲いている彼岸花
a0105271_1710396.jpg

雑草の細い葉が、彼岸花の花弁の中を
放物線を描きながら通り抜けていく様子に何故か惹かれます。
by sunao_3108 | 2007-09-23 17:34 | 秋の風 | Trackback | Comments(4)

お彼岸には 彼岸花 パート2

お彼岸になるときっちりと咲いてくれる
期待を裏切らない花であります (^_^)v
今日から3連休、連休初日は彼岸花目指して一直線
行き先はすでに昨日から決めておりました ハイ (^O^)

チャリで向かう途中にも、あちらこちらで咲いておりました。
a0105271_209894.jpg

竹で編んだ籠のようにも見えます。


蝶を撮るつもりじゃなかったのですが、シャッターを切ろうとした時、
アゲハ蝶が入ってきました。
a0105271_2092997.jpg

止まっているところを撮ろうとすると、逃げるのに 
こっちがその気じゃない時は、寄って来るんだよねぇー (-.-)
こういう所は女性に似ております …… あっ!
友達がね、そんな風に言ってました ハイ (^_^;)


これは、追っかけて追っかけて、やっと撮った一枚。
a0105271_2010366.jpg

こんなに近くまで寄れたのは初めて o(^-^)o 


この辺りの空気感みたいなものを、感じで頂ければなぁー…と。
a0105271_20102595.jpg



天高く… 下の方に遠慮がちに咲いております。
a0105271_20104176.jpg

彼岸花を田んぼの周りに植えるのは、『モグラ避け』の為だとか聞いたことがあります。
本当かどうかは、定かではありません。
ただ、こんなにパラーッと植えていては、
モグラは自由に出入り出来てるじゃん (*_*)
by sunao_3108 | 2007-09-22 20:19 | 秋の風 | Trackback | Comments(0)

彼岸花

時期的にも、ぼちぼち載っけとかないと、季節外れになってしまいます。
以前にも『紅と白』というタイトルで2枚アップしましたが、
今回は、もそっと爽やかな【彼岸花】をお届けいたします。。。m(_ _)m。。。

その前に、ちょっと 【とんぼ】
a0105271_22384894.jpg

逆立ちするような格好ですが、何か意味があるのか、ないのか (?_?)
トンボって、かなり近くへ寄っても逃げないものですね。
あまり撮ったことがなかったので知りませんでした。

アゲハ蝶とは相性がいいようで、この時期はよく見かけます。
a0105271_22313420.jpg


もう少しバックのピンクの花(名前は忘れました)が、ボケてくれる予定だったのですが…
a0105271_22315192.jpg

by sunao_3108 | 2007-09-20 22:44 | 秋の風 | Trackback | Comments(4)

福岡城址 <2>

感の良い方は、すでに前回の時点でお気づきの事と思いますが、
<1> となっていたので、ハハーン、また <2> <3>とか続くんだなぁー と。
そうです、当り! ドンピシャ (^o^)/

「敬老の日」にちなんで…と言う訳ではありませんが、
城内のいたるところでニョキニョキと突き出ている、
《古木》と呼ぶのか《老木》と呼ぶべきか?
とにかく【古い大きな木】をご紹介したいと思います m(_ _)m

地上1m位のところから、太い幹がイキナリ三方に分かれております(*_*)
a0105271_13205811.jpg

そして、3本の幹がそれぞれ違う方向へ向かって空へと伸びております。
理由は分かりませんが、自然の不思議??。
まさか、元々こんな風に育つ種類の木…て事は、 無いよね f^_^;

長い長い時を経てこうなったんでしょうけど、三方に分かれたそれぞれの太い幹には、
別の植物が絡みつき、芽を出しております。
考えてみれば、あつかましい話です (-_-#)


天守閣址の石垣の傍に伸びている木であります。
a0105271_13213852.jpg

上方の枝はもう何が何だか、ぐにゃぐにゃに曲りくねっております。
性格が歪んでいるのでしょうかねぇー (-.-;)
自然の造りだす曲線は変化無限、人の想像を簡単に超えていってしまします。

「銀の龍の背に乗って」という曲がありますが、
a0105271_1323236.jpg

まさに龍が空を渡って、遥か彼方へ飛んで行く様にも見えます。
(・_・)エッ...見えない...? 
…ったく、しょうがねぇなぁ、シロウトはこれだから…(-o-;)。

大きな木ではありませんが…
何か生け花みたいで面白かったので、つい載っけてしましました (^_^)
a0105271_1325478.jpg

倒木でも、芽を出す時には上の方から太陽にむかって伸びて行くのです。
エライ! 何がエライかって…うーん、何だろう( ̄○ ̄;)

《切り株》も年月が経つとこんな風になってしまうようです。
a0105271_13253533.jpg

ここもやっぱり、色んな植物が住み着いております。
写真上方、遠くに小さく写っているのが、
一つ前の写真、生け花状態の木で~す(*^_^*)
by sunao_3108 | 2007-09-17 13:26 | 秋の風 | Trackback | Comments(0)

福岡城址 <1>

ここは、季節を問わずよく撮影に来る場所です。
写真はもちろんですが、散歩だけで終わるときも…。
気に入っている場所です。
梅の花の咲く頃や、桜の季節は人で賑わっていますが、
今の時期は閑散としています。
城内を歩いていても、あまり人に会うことはありません。
そこが、良かったりもする訳です。

《スイレン》時期的には夏の花なのでしょうか、結構長い期間咲いています。
a0105271_22113399.jpg


《大銀杏》紅葉には、まだまだといったところ、近くで見ると
青い実をびっしりとつけていました。
この銀杏の樹1本から、随分沢山のギンナンが採れることでしょう。
a0105271_2212649.jpg

銀杏の樹にも色々形があるようですが、ここのは天に向かってそびえ立つような
風情が気に入っています。ただ、やっぱり夜見ると怖いですね f^_^;。

《名前も知らない木ですが気になる木》
a0105271_22123825.jpg

どんな事情があってのことかは解りませんが、太い幹の部分は殆ど空洞になっています。
それでも、残った細い幹から四方に枝を伸ばし、葉を繁らしている。
生命力の強さなのでしょうが、スゴイなぁーと感心するよりも、
不思議さが先にたってしまします。いったいどうなってるの???(?_?)

《ハゼ》ハゼの木が少し色づき始めてました。
a0105271_22131791.jpg

色づいた部分だけが、遠くから見ると、逆光で輝いて見えます。
いろいろと植物が木にまとわり付いて、原型がよく分からなくなっています。
被写体としては、私はこっちの方が好きですが、
当のハゼの木にとっては、有難いことなのか迷惑なことなのか。

《ムラサキツユクサ》何年か振りで撮りました。
a0105271_22135290.jpg

これも夏の花だったのような気がしますが、城内ではまだ沢山咲いていました。
by sunao_3108 | 2007-09-16 22:21 | 秋の風 | Trackback | Comments(0)

どこまで行くの植物園 パート3

もういい加減やめたら…と言う声が聞こえないでもない
でも、ここは聞こえないフリ(-.-;)知らん顔

<サボテンの花>
同じタイトルの曲がありますが、やっぱりこんなイメージですかね
a0105271_20424967.jpg

ちなみに前回紹介したサボテンに花が咲くと、
こんな具合になる……訳ないか m(_ _)m

<ゲンペイクサギ>
a0105271_20431318.jpg

鳥の嘴のような白い花びらの先に
もう一つの小さな花びら(?)の赤が鮮やか、
バックの深い緑の葉とのコントラストがキレイな
ちょっとオシャレな感じの花です。

<フウリンブッソウゲ>
a0105271_2043378.jpg

風鈴のような形をしてるからフウリンは解るのですが、
ブッソウゲ…て何?

熱帯睡蓮 <ピンクパール>
a0105271_20435141.jpg

ステキなお名前ですね

展望台
a0105271_2044539.jpg

満を持してアップした植物園の写真の数々ではありましたが、
期待したほどの反響もなくパッとしないまま、
終わりを迎えてしまいました(T_T)

これも偏に、オラの力のなさであります m(_ _)m
もう一度、植物園の写真をアップする機会がありますれば
もっともっと、見る人に感動を与えるような写真をお届け致さねばと深く反省、
そして強く心に誓いながら……えっ!なに? もういいって?くーっ(>_<)
by sunao_3108 | 2007-09-13 20:59 | 秋の風 | Trackback | Comments(2)

植物園パート2

パート2、そうです続きがあったのです(^o^)/。
だからこそ、あえて前回はご近所でもお見かけするような
ごくありふれた、 いや一般的な花をお届けしました(-.-;) ほ、ほんとう…です。

今回は違います、今までに見たことも無いような花をご紹介…
出来るはずもないので、前回よりはスコーシまし、いや植物園らしい花を
お届け致します。m(_ _)m

「オンシジューム」
a0105271_20534388.jpg

どうです?見たことあります?無いでしょう?(^O^)
(・_・)エッ!ある? あるの?……何処で? 
花屋さん! ああ、花屋ね。
花屋はしょうがねぇな、商売だから(-_-#)。


「アンスリウム」
a0105271_20541182.jpg

なんか変な形…などと言っては花に失礼でしょう!(`o´)
イモ科だそうです。そういえば葉っぱがイモそっくり!


a0105271_2055578.jpg

何かもうジャングルの中???にでも入ったようであります!(*_*)


「バンダ」と書いてある「パンダ」じゃないみたい(^_^;)
a0105271_2055397.jpg

『空気中から水分や養分を吸収して、岩や木に張り付いて成長します』とある。
空気中から水分や養分…て、そりゃー ただ事じゃないね(・_・;)

「サボテン」以外の何者でもない
a0105271_20561588.jpg

さすがに、こんなのは近所で見かける……訳にはいかない
by sunao_3108 | 2007-09-11 21:03 | 秋の風 | Trackback | Comments(2)

季節の花の写真をメインにした日記らしきもの


by すなお
プロフィールを見る
画像一覧