タグ:久留米つばきフェア ( 8 ) タグの人気記事

第8回 久留米つばきフェア03

【玉獅子】(タマジシ)
a0105271_2283493.jpg

前回はぐだぐだと文字を並べ過ぎましたので、今回は質素に、
あまり文字を書かないでお届けします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
↑ポチッとm(_ _)m

☆つづきはコチラからどうぞ☆
by sunao_3108 | 2017-03-21 22:18 | 春の香 | Trackback | Comments(0)

第8回 久留米つばきフェア【久留米市世界のつばき館】

随分とタイトルが長くなってしまいましたが、今回は「久留米市世界のつばき館」の椿です。
a0105271_1358166.jpg

館内に飾ってあった、椿を使ったひな壇。

この「久留米つばきフェア」、チョッとややこしいので、ご存知無い方の為にパンフレットを
引用して、ご紹介させて頂きます。

第8回 久留米つばきフェア………………………………………………………………………………
平成29年 3月11日(土)→19日(日)
 久留米市は、全国有数のツバキ苗木生産地です。また、市内にはツバキの古木・名木があちこちにあり、まさにツバキのまちと言えます。
 平成22年3月には国際ツバキ会議が開催され、久留米つばき園と石橋文化センターつばき園が「国際優秀つばき園」に認定されました。
 世界に認められた2つのつばき園と平成26年3月15日に開館した久留米市世界のつばき館を主会場として、ツバキの魅力満載のフェアを開催します。
開会式 3月11日(土)10:00~ 受付9:30  会場:草野町 久留米つばき園
……………………………………………………………………………………………………………………
チョッとややこしいと書きましたが、何がややこしいかと云うと、会場があちこちにあるからです。
開会式の行われた「久留米つばき園」がメイン会場となり、他に「石橋文化センターつばき園」と「久留米市世界のつばき館」とが、主な会場となっております。

久留米市世界のつばき館」と「久留米つばき園」とは、歩いて5~6分の距離ですが、石橋文化センターからだとシャトルバスで30分近くかかります。
ちなみに、今回私が乗ったシャトルバスは、行きは35分、帰りは1時間かかりました。

個人的な感想になりますが、この「久留米つばきフェア」は、久留米の人ならともかく、他の地域の人には分りずらいと思いました。
バラバラに配置された会場もそうだし、シャトルバスにしても、JR久留米駅→西鉄久留米駅→石橋文化センター→久留米世界つばき館を巡るバスと、もう一つ、JR筑後草野駅前→草野郵便局前→久留米市世界つばき館→吉木ポケットパーク→ふれあい農業公園と巡る、草野巡回バスとがあり、他の市や県から来た人間にとっては、説明を聞かないと違いが分らない。

特に草野巡回バスに関する情報が乏しく、行く先々に何があって、どんな場所なのか、パンフレットにはただツバキの名所の印が付いているだけ。
古いツバキが1本だけなのか、沢山のツバキが植えてある場所なのか、建物が古い建築物なのか、名前で想像するしかない。

私のように写真を撮って回っている人間にとっては、大切な情報であります。
もう少し、情報を整理して伝えて頂けると有難いと、切に願う次第であります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
↑ポチッとm(_ _)m

☆つづきはコチラからどうぞ☆
by sunao_3108 | 2017-03-20 15:06 | 春の香 | Trackback | Comments(0)

久留米つばきフェア

椿・久留米蜀紅【くるめしょっこう】
a0105271_21324629.jpg

初日(3/11)は、石橋文化センターへ、最終日前日(3/18)は、久留米世界のつばき館と草野つばきまつりで、椿の写真を撮ってきました。

二ヶ所とも去年も回りましたが、去年と比べると今年の方が花が少ないようでした。
満開になるのは、もう少し後のような感じでした。

最終日になっても、まだこれからというのも問題があるのかもしれませんが、
準備するとなったら、何ヶ月も前からチラシ、パンフレットを作成し、臨時のシャトルバスも手配しなくてはならないでしょうから、その時点で開花時期を決めるのは難しいでしょうね。

石橋文化センターの方は、交通の便が良いので、この後も行こうと思えばいつでも行けますが、草野の方は交通の便が悪いので、個人で行くのは大変な感じがします。
何処行きに乗って、何と言うバス停で下車したら良いか。一日に何本位バスがあるのか等、下調べが必要です。

今回、無料シャトルバスで終点の久留米世界のつばき館前で降りて、通常のバス停を係員の人に聞いてみたのですが、「まあ、どこかこの辺りで待ってたら、止まってくれますよ」という答えが返ってきて驚いた。

写真は、石橋文化センターに咲いていた椿です。
久留米蜀紅【くるめしょっこう】という名前が付いていました。
赤地に白の斑が入った、艶やかな椿。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
↑ポチッとm(_ _)m

☆つづきはコチラからどうぞ☆
by sunao_3108 | 2017-03-19 22:13 | 春の香 | Trackback | Comments(0)

久留米つばきフェア05【久留米つばき園】

山辺道文化館からメイン会場の「久留米つばき園」まで向う、
a0105271_21203333.jpg

「つばきの小径」と呼ばれる道沿いにも、たくさんのツバキが植えてありました。

この辺りは、久留米市草野町という所ですが、言い方が悪いかもしれませんが、もうツバキだらけ?!
普通のお宅の庭にも立派なツバキの木が植えてあり、たくさんの花をつけていました。

ツバキ好き(?)には、たまらない場所であります。

近くに古い町並が残っていたり、古いお寺など、巡ってみたい場所も幾つかあったのですが、
何しろ体力が持たない。

山辺道文化館を出た辺りから腰痛が気になって、つばき園まで持ってくれるかどうか?
というような状態だったので、寄道はしてられない。
とりあえず、つばき園を目指し、一直線に歩いて行くのであります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
↑ポチッとm(_ _)m

★続きはココをクリック!★
by sunao_3108 | 2016-03-27 21:47 | 春の香 | Trackback | Comments(0)

久留米つばきフェア04 【山辺道文化館】

【山辺道文化館】(ヤマベノミチブンカカン)
a0105271_154354.jpg

大正時代に建てられた建築物で、もともとは病院だったそうですが、
木造2階建ての大正ロマンの香る洋風建築物であります。

つばき館で、関係者の方に行き方を尋ねると、
「ここを裏から出て、左に真っ直ぐ歩いて行くと4、5分で着きますよ」との事でした。

「あっ、じゃあ直ぐですね」とは言ったものの、田舎の人の4、5分というのがどうもねぇ~

多少疑いながらも、言われた通り歩いて行くと、ホントに4、5分で着きました!f^_^;

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
↑ポチッとm(_ _)m

★続きはココをクリック!★
by sunao_3108 | 2016-03-26 15:47 | 春の香 | Trackback | Comments(0)

久留米つばきフェア03 【世界のつばき館 】

すっかり、椿図鑑のようになってしまいましたが、
a0105271_21181739.jpg

自分でも、よくまあこれだけツバキばかり撮ってきたもんだ!!と呆れるばかり。

背中を押してくれたのは、やはり花の美しさでしょうか。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
↑ポチッとm(_ _)m

★続きはココをクリック!★
by sunao_3108 | 2016-03-24 21:26 | 春の香 | Trackback | Comments(0)

久留米つばきフェア02 【世界のつばき館 】

今までにも、色んな場所でツバキを撮ってきましたが、
a0105271_22132728.jpg

ここのツバキは “別格” と云いますか、並外れた美しさであります! 何やら風格さえも感じさせてくれます。

以前 「久留米つばきフェア」 に訪れた時には、この 「世界のつばき館」 という建物は無くて、
バスを降りた向かい側の小さな広場に露店が並んでいて、試食コーナーで食パンの切れ端を貰って、
椿油に付けて食べたのを覚えています。

そこから、しばらく細い坂道を歩いて、メイン会場の 「つばき園」 へ到着したのでした。

なので、「世界のつばき館」 というのは、いろんな所から持ってきたツバキを集めて創ったのかな、
とも思っていたのですが、係の方の説明を傍で聞いていると、どうもそう云う事ではないらしくて、
元々在ったツバキの古木を活かして、その周りに 「世界のつばき館」 という建物を建てた、
と云う事らしいです。

元々在ったツバキは、個人が所有されていたそうで、それを譲って(寄付して?)もらったのだとか。
その時出された条件が、「ツバキの木々を大切に守ってくれるなら」 と云う事だったそうです。

だからその、ここのツバキは、つばき館を造るために、急いで集めたものではなく、
由緒あると云いますか、歴史のあるツバキの古木なのであります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
↑ポチッとm(_ _)m

★続きはココをクリック!★
by sunao_3108 | 2016-03-23 22:40 | 春の香 | Trackback | Comments(0)

久留米つばきフェア01 【世界のつばき館 】

月の輪(ツキノワ)という名前の椿の大樹、
a0105271_21434191.jpg

これだけ沢山、大輪の花をつけた椿も珍しい!下からの眺めは、圧倒されました。


昨日、「久留米つばきフェア」(3月12日~20日)に行ってきました。
最終日でもあり、前日は雨が降ったので、混雑するんじゃないかと思い、早目に家を出て、西鉄久留米駅前9時8分のシャトルバスに乗車。

JR久留米駅から無料のシャトルバスが出ていて、西鉄久留米駅、石橋文化センターからも乗車できるようになっていました。始発がJR久留米駅→西鉄久留米駅→石橋文化センターの順で停車して乗客を乗せ、後は「地場産くるめ」に一度留まって、終点「世界のつばき館前」という順路。

時間はパンフには西鉄久留米駅~終点まで、30分となっていますが、実際は40分位は掛った。
朝の混んでいない時間帯で渋滞なしで40分だから、混んでる時間帯だと50分位は掛かるんじゃなかろうか?

行きはよいよい帰りは怖い・・・じゃないけど、行きはゆったりと座れましたが、帰りのバスは、超満員!。(`ε´)
座るどころか、体が半分斜め状態で、40分以上手すりに必死につかまていたので、降りた時には二の腕がプルプル状態(>_<)

腹ぺこだったので、降りて直ぐに駅でチャンポンを食べたけど、手が震えてまともにお箸が使えなかった。

無料バスだから、本数(1時間に1本しかない)を増やして、とは云い難いけど、こんなしんどい思いをする位なら、料金を払っても良いから、臨時バスをたくさん出してもらいたい、と思った。

愚痴っぽくなってしまいましたが、肝心の椿はと云うと・・・・・見事でした!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村
↑ポチッとm(_ _)m

★続きはココをクリック!★
by sunao_3108 | 2016-03-21 22:10 | 春の色 | Trackback | Comments(0)

季節の花の写真をメインにした日記らしきもの


by すなお
プロフィールを見る
画像一覧