福岡城址 <2>

感の良い方は、すでに前回の時点でお気づきの事と思いますが、
<1> となっていたので、ハハーン、また <2> <3>とか続くんだなぁー と。
そうです、当り! ドンピシャ (^o^)/

「敬老の日」にちなんで…と言う訳ではありませんが、
城内のいたるところでニョキニョキと突き出ている、
《古木》と呼ぶのか《老木》と呼ぶべきか?
とにかく【古い大きな木】をご紹介したいと思います m(_ _)m

地上1m位のところから、太い幹がイキナリ三方に分かれております(*_*)
a0105271_13205811.jpg

そして、3本の幹がそれぞれ違う方向へ向かって空へと伸びております。
理由は分かりませんが、自然の不思議??。
まさか、元々こんな風に育つ種類の木…て事は、 無いよね f^_^;

長い長い時を経てこうなったんでしょうけど、三方に分かれたそれぞれの太い幹には、
別の植物が絡みつき、芽を出しております。
考えてみれば、あつかましい話です (-_-#)


天守閣址の石垣の傍に伸びている木であります。
a0105271_13213852.jpg

上方の枝はもう何が何だか、ぐにゃぐにゃに曲りくねっております。
性格が歪んでいるのでしょうかねぇー (-.-;)
自然の造りだす曲線は変化無限、人の想像を簡単に超えていってしまします。

「銀の龍の背に乗って」という曲がありますが、
a0105271_1323236.jpg

まさに龍が空を渡って、遥か彼方へ飛んで行く様にも見えます。
(・_・)エッ...見えない...? 
…ったく、しょうがねぇなぁ、シロウトはこれだから…(-o-;)。

大きな木ではありませんが…
何か生け花みたいで面白かったので、つい載っけてしましました (^_^)
a0105271_1325478.jpg

倒木でも、芽を出す時には上の方から太陽にむかって伸びて行くのです。
エライ! 何がエライかって…うーん、何だろう( ̄○ ̄;)

《切り株》も年月が経つとこんな風になってしまうようです。
a0105271_13253533.jpg

ここもやっぱり、色んな植物が住み着いております。
写真上方、遠くに小さく写っているのが、
一つ前の写真、生け花状態の木で~す(*^_^*)
[PR]
トラックバックURL : https://seisan171.exblog.jp/tb/6179124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sunao_3108 | 2007-09-17 13:26 | 秋の風 | Trackback | Comments(0)

季節の花の写真をメインにした日記らしきもの


by すなお
プロフィールを見る
画像一覧